1. HOME
  2. 会社案内
  3. メディア・新聞報道
  4. 映像情報「Industrial」(2017年3月)掲載 遠隔監視システム「i-NEXT」(特許登録済)

メディア・新聞報道

iPad等を利用した遠隔監視システム「i-NEXT」(特許登録済)

映像情報「Industrial」(2017年3月)掲載

iPad等を利用した遠隔監視システム「i-NEXT」(特許登録済)

映像情報「Industrial」(2017年3月)掲載

ネットワークカメラを利用した遠隔画像確認システムは近年成長している。しかし、ネットワークを利用した映像配信であるため、URL・アカウント・パスワードなどの流出が問題になる。今回紹介する「i-NEXT」システムでは、流出を極限まで排除した仕組みでお客様の大切な映像情報を守るシステムである。

<掲載一部抜粋>
はじめに
近年ネットワークカメラは各種店舗・事務所・公共施設などに数多く設置され、その映像を遠隔地から確認できるようになっている。しかし、2016年1月に監視映像が流出する問題が発生した。これはメーカが初期設定としているアカウント・パスワードのままでURL・アカウント・パスワード情報を監視する端末(PCやタブレットなど)に設定し公開されたことが原因である。アカウント・パスワードを初期設定後削除する旨の通達がカメラメーカより案内され、問題解決したかに見えるが、基本的にアカウント・パスワードが変更されURLも違うドメイン名に変更したとしても、そのカメラ情報は端末側に履歴として残ってしまう。その都度カメラ情報を削除することは可能であるが、面倒であり現実的に不可能である。また、映像管理者が退職した場合等にパスワードを変更しないままでいると、退職者が自宅のPCから映像を閲覧したりネットワークカメラを動かして映像を録画するといったこともできてしまうため、情報漏洩の危険がある。当社が防犯専門企業として開発した遠隔マネージメントシステム「i-NEXT」では、利用いただくユーザーにURL等のカメラ情報を知らせる必要がなく、端末側にもカメラ情報が残らない画期的なシステムである。

<中略>
今後の展開
ネットワークカメラを利用した監視システムは現在いろいろな場所で利用されている。i-NEXTシステムは防犯用途としての利用だけではなく、管理・監視・マネージメント用途でも多く導入されている。ネットワークカメラはインターネット回線を利用して遠隔地からカメラ映像を見ることが可能なシステムである。特に簡単に監視したいがカメラ映像の流出は厳禁である現場などには、i-NEXTシステムは有効な監視手段である。特に2020年東京オリンピック開催に向けて監視が必要な現場も今後増えると思われる。今後も高度なセキュリティ機能と操作性を兼ね備えたi-NEXTシステムの改良を続けていく所存である。



(平成28年12月末現在)

  • 全納入実績 229,676
  • 防犯設備士 546
  • 総合防犯設備士 59

こんにちは、防犯のセキュリティハウスです。 数多いホームページの中より、当ホームページをご覧いただきましてありがとうございます。 初めてのセキュリティ導入、他社様からの変更依頼、何から手をつけて良いかわからないのが普通です。又、 対策は非常に機密性の高い内容を取扱いますので、信頼のおけるセキュリティのプロにまかせられることをおすすめします。何なりとお気軽にお問い合わせください。

さらに防犯について詳しく知りたい方はこちらから

  • 無料防犯診断
  • 資料請求

ページの先頭へ戻る